サイトが検索エンジンへ登録されない時に確認すべき原因5つ

せっかくウェブサイトを作ったのにGoogleやYahoo!でいくら調べても検索結果に表示されない。専門的な知識がないので外注に丸投げしてしまったので原因もわからない。何か解決する方法はないのかなぁ・・・。
ススム君
ススム君

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

  • 作成したウェブサイトがなぜか検索エンジンにひっかからない
  • 他社で制作したページのSEO設定が不足している気がする
  • GoogleやYahoo!の検索結果にヒットしない理由を知りたい

せっかく予算をかけてこだわりのランディングページを作ったのに、狙っていたキーワードやサイト名で調べても検索エンジンにまったく表示されない。しかも、競合が多いビッグキーワードではないのになぜだろう…。実はそのような悩みを抱えているウェブサイト運営者はとても多いです。

本日はそんな症状で困り果てているウェブサイト運営オーナーの問題を解決いたします。結論から言えば検索エンジンにヒットしない原因は以下5つのいづれかが該当するはずです。

  • 作成したページ内にSEOタグが正しく設定されていない
  • 検索エンジンに認知されにくいhtml構造を採用している
  • htmlではなくFlashやJavascriptでサイトが作られている
  • 検索エンジンのクローラーの巡回が拒否されている
  • htmlを構成する要素がほとんど画像で組み上げられている

では1つずつ簡単に説明させていただきます。

1. SEOタグが設定されていない

ウェブサイトには「SEO専用のタグ」が必須です。検索エンジンが重視しているタグは「Title、Meta Keywords、Meta Description」の3つ。下記が記述例です。

<title>タイトルが入ります</title>
<meta name="description" content="ディスクリプションが入ります" />
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3" />

SEOタグ(タイトル・メタキーワード・メタディスクリプション)が設定されていないページは検索エンジンに正しくサイト情報を登録してもらえません。SEOタグはあなたが運営するランディングページがどういったサイトなのかを知らせるための名札のような存在です。

もしあなたがGoogleクローム(ブラウザ)を使っているなら納品されたウェブサイトを開いた状態で「表示 > 開発 / 管理 > ソースを表示」から該当のタグが存在するかチェックしてください。

2. 誤ったhtmlで構築されている

html化は一般的にマークアップ作業と呼ばれます。SEOに準拠して細部を作り込む技能です。

正しいマークアップでは見出しタグ(h)・メニュータグ(ul)・本文(p)など検索エンジン向けに最適なタグを設定していきます。ごく稀にタグが全部「divタグ(意味のない汎用タグ)」で作られた状態になっているサイトを見かけます。マークアップ作業は検索エンジンと仲良くする技術とも言えます。

SEOの礼儀作法に乗っ取り検索エンジンが正しく理解できる構造を目指す。これがSEOの基本。もしあなたのページ構造がdivタグのみで出来上がっているとしたら早急な手当てが必要です。

3.Flashやjsで作られている

動きが派手だったり、動画をフル活用しているサイトはhtmlマークアップが適切でない場合があります。実はマークアップ作業は適当でも見た目上に影響はありません。javascirptやactionscriptと呼ばれるスクリプト言語を使えばSEO構造を完全に無視して仕上げることも可能です。

ただ、SEO構造を無視すると検索エンジンにはひっかかりません。さらに閲覧者側の環境に左右されながらリアルタイムで処理を行うので閲覧状況によっては重たくなったりもします。表面上はとても華やかですが検索エンジン的にはタグでしか判断できないのでSEOとの相性は悪いです。

ブランディング上でSEOを考慮せずに作りたい場合以外には採用しない方が良いです。

4. Botの巡回を拒否している

ページの作成中は検索エンジンに引っかからないように「拒否タグ」を差し込みます。

下記1行(又は2行)のタグを読み込ませれば検索エンジンを拒否できます。便利な反面解除をし忘れた状態で納品してしまう危険性も潜みます。解除忘れは典型的な「凡ミス」です。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow,noarchive">
<meta name="googlebot" content="noindex,nofollow,noarchive">

5. 要素がほぼ画像(代替なし)

htmlコーダーは予算が少ない案件ではコーディングに時間をかけられません。

マークアップ作業に本気で取り組む勉強熱心なコーダーさんもいれば、逆に楽をしようと極力手を抜いてしまうコーダーさんだっています。後者のコーダーさんはテキストで置いておくべき箇所も画像で書き出します。SEO的な目線では文字にしておくべき箇所も画像で書き出しスピード納品。

画像で書き出した際でも検索エンジンに正しく認識してもらえる救済策として「alt(オルト)」属性も存在します。ただ、手を抜く人に限ってはaltまで省略してしまう人が多いです。

<img src="画像へのパス" alt="検索エンジン用の代替文字" />

救済策のaltも省略すると検索エンジンは「何かの画像…」としか判断ができません。判断できない画像に対しては評価ができないのは当たり前。今すぐにでもコーディングからやり直しましょう。

まとめ

問題には原因がある

正しいhtmlマークアップで構築されていればサイト名で調べた際に検索エンジン上に引っかからないといった不測の事態は起こりません。上記5つの項目でおそらく9割の問題は解決するはずです。まずはしっかりとソース周りの調査を行った上で考えられる要因を突き止めてみてください。

もっとも早く集客上手になる方法

現役マーケッターが伝える最新式のオウンドメディア構築&改良されたウェブサイト診断などブログでは話せない集客戦略を学んでいただけます。最新記事やお得なキャンペーン情報を手に入れたい方は要チェックです。まずは「最新情報をチェック」をクリックしてご確認くださいませ。