今さら聞けないマーケティングオートメーションとは?MAツール入門編

こんにちは、マーケティングチームです。

最近、マーケティングオートメーションツールを活用したいという企業が増えてきています。2015年から注目され始めたこのツール(通称MA:マーケティングオートメーション)は、今まで人の力で行ってきたマーケティング活動をデジタルマーケティングによって手軽に行えるために、とても話題となっています。

本記事では、これからマーケティングオートメーションを始めたい企業に対して、どのように有効活用させることができるのかをお伝えしたいと思います。

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは、今まで人が手間をかけて行なってきた営業活動を、インターネットを活用して行うことができるツールです。見込み客を創り出し、購買を促進させるといった、一連のマーケティング活動をデジタル化できるのが特徴です。

営業活動は今まで「足で稼ぐ」といわれてきました。地道に顧客に足を運ぶことがマーケティングの基本であると、どの会社でも推進されました。しかし、近年インターネットが普及し、人々や企業の購買行動は変化しました。何かを購入する際にはインターネットにおいて情報収集をして、十分な情報を得てから購入するという方が大多数なのです。

そのため営業の方に勧められて購入するという行動はどんどん少なくなっています。マーケティングオートメーションツールは、見込み顧客の興味のありそうなコンテンツを提供し、見込み顧客の行動を分析しながら購買へつなげる機能もあります。

マーケティングオートメーションはどんなことができる?

マーケティングオートメーションツールは、使い方次第で業務効率を何倍にもできるポテンシャルを秘めています。

興味を引くコンテンツをブログやウェブサイト、SNSなどで提供し、見込み客を集めます。その見込み客を顧客化するために、さらに関心の高いコンテンツ(事前に組み上げたシナリオ)を用意し、Eメールなどのセールスツールでフォローすることで顧客化へと導きます。

提供しているブログやウェブサイトにおいて、その見込み顧客がどのような行動をしているのか分析することもでき、その分析に応じてメール配信など必要なセールスを行うことができます。

このような一連の行動から、顧客からの信頼を得て口コミを増やし新たな見込み顧客の誘導につなげることも可能です。

マーケティングオートメーションをオススメできる業界

マーケティングオートメーションを導入している企業は、大手企業だけではなく中小企業においても進んでいます。

大手企業においては、営業職員を増やす必要がなくなり、中小企業では人件費の負担によってできなかった営業やマーケティングに力を入れることができます。

個人向けのマーケティングを行うBtoC企業だけではなく、法人向けのマーケティングを行うBtoB企業においても導入が進んでいます。

まとめ

マーケティングオートメーションツールは、インターネットを効率よく活用することで、集客を行い、顧客化するためのとても便利なツールです。

ツールの導入を検討されている方は、現在のマーケティングにおける課題や目的を整理したうえで、どのような活用ができるか考えてみると良いでしょう。

次回は「個人事業主がマーケティングオートメーションを導入するべき3つの理由」をご紹介させていただきます。

ぜひお気軽にご参加ください

当チームがお届けする最新記事やお得なキャンペーン情報を手に入れたい方は要チェックです!最新のマーケティング手法からブログでは話せない集客法をメールで学んでいただけます。今すぐに「最新情報をチェック」よりご確認ください↓