定期便決済に対応したECカートリピストを選ばない方がよい人

ランディングページでの販売がうまくいかない。できれば定期便商品に対応していて、ランディングページ内でクレジット決済ができるECカートが欲しいなぁ。評判の高い「リピスト」を検討しているけど僕にとって最適なカートなのか教えて欲しい・・・。
ススム君
ススム君

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

  • LP一体型の定期便対応ECカートで最適なサービスを教えて欲しい
  • ランディングページ内にカートを埋め込んで定期便の購入決済がしたい
  • ネット通販に最適なLP一体型ECカート「リピスト」を検討している

僕は過去にさまざまなインターネットショップを運営してきました。自身での運営はもちろん、お客様のショップ構築から広告運用の代行など。実店舗を持つと家賃だけで数十万かかるのがインターネットなら数千円で運用できてしまうコスパに心を打たれた一人です。とにかくECが大好き。

リピストの特徴とは?

定期便商品とランディングページ一体型決済に対応している点がリピスト最大の特徴です。リピストは圧倒的な低価格ながら高機能という点が見逃せません。機能面では「通常商品と定期便商品を同時にランディングページ上で販売する売り方も可能」で、逆に通常商品のみを見せて「カートの確認画面に進んだ時点で定期便を表示させる」という販売方法もできます。

前者の「通常商品と定期便商品を一緒に売る方法」は一般的な売り方ですが、後者の『確認画面で定期便を販売する方法』はマーケティングでは「アップセル」と呼ばれる『上位版を提案する際にもっとも効果的な商品の売り方』です。アップセルは購入意思が確定した段階で初めて新たな上位版商品を見せる販売手法なので「よりスムーズな単価アップ」が期待できます。

▼アップセルについて詳しく学ぶ記事はこちら
https://omusuvi.com/archives/71951

リピストが優れるポイントは同じような定期便対応のショッピングカートと比べて価格が半額以下に安い点です。他社が月3〜5万円するなか最安値の1.5万円程度から提供しています。

低価格の秘密

リピストが低価格な理由は主に3つ。1つ目は後発だから。ランディングページ一体型の定期便商品に対応している有名カートは「たまごリピート」です。定期型課金は「サブスクリプション」と呼ばれている今もっとも注目の販売方法です。音楽配信サービスなど毎月課金される仕組みをサブスクリプションと呼ぶので僕たちの生活にも少しずつ馴染んできています。

2つ目は「オープンソース」のシステムを使っているからです。リピストは裏側でEC-CUBEが動いています。EC-CUBEは以前紹介した「自社サーバー型」のショッピングカートでしたよね。

▼カートの違いをまとめた前回記事はこちら
https://omusuvi.com/archives/73124

オープンソースのシステムは開発力が高い人材に協力してもらえれば自由自在にカスタム可能。開発力があればリピストのように自社サーバー内でEC-CUBEを動かして、定期決済機能などフルカスタマイズしたうえで第三者へ提供できるシステムに作り上げるのも難しくありません。

ちなみに「セキュリティ対策」は技術者が対応するので幅広い知見が必要です。EC-CUBEは「エンジニアが触りたくないCMSとして有名」なので、一筋縄には行きませんが、オープンソースの無料システムは『大人数で同時開発されるプロジェクト』なので圧倒的な可能性を秘めています。複数人で機能追加を繰り返すためソースに一貫性がなく「開発者の頭を悩ませる」のも特徴。

3つ目が運営元のチーム体制。代表は営業出身です。一方で社員はECサービスやサーバー技術を得意とするエンジニアが中心。一般的にエンジニアと営業は相性がよくありません。営業と制作では特性が真逆なので意見が噛み合わない場面も多いからです。元営業さんがエンジニア集団を束ねるのは容易ではありません。代表自身が物作りを心底から理解しているか、制作を深く思慮できる右腕がいる可能性が高いでしょう。社員がエンジニア中心で構成される開発元は意外と少ないです。

費用が安い理由まとめ

  • 定期便カートの後発企業だからこそできる二番手戦略
  • オープンソースをフル活用した柔軟かつ高機能なカート設計
  • エンジニアを中心とした社員体制で圧倒的なサポート力
  • ランディングページ(売るに特化した)専用のショッピングカート
  • 開発元がマーケティングとエンジニアリングを理解している

リピストは完璧なのか?

リピストは最安プランが「14800円」から。しかも、最安プランでもメール配信機能が使えます。現段階ではこれほど低価格で高機能なサービスはありません。他社サービスで非常によく似た定期便カートもありますが、下記の通りで『月額費用は約2〜3倍は必要』となっています。

▼たまごリピート(旧たまごカート)
月額:49,800円〜

▼リピスト
月額:14,800円〜

たまごリピートもリピストも機能差は少ないですが価格面で相当な差があります。たまごリピートは大元のカート機能をゼロから組んでいるので人材コストが膨らんでいます。EC-CUBEなら開発経験者も多く人材が雇いやすいので勤務開始後の勉強コストも最低限で済みます。余談ですがオープンソースを使わず独自でシステムを組む方法は「スクラッチ」と呼ばれます。業界では「俺俺フレームワーク」と揶揄され、セキュリティ性も低くなる傾向があり引き継ぎコストも膨らみます。

リピストを選ばない方がいい人

下記に該当する方は選ばない方がいいです。

  • 1円もお金をかけずにショッピングカートを構築してみたい
  • そもそも本気でネットショップを始める気が今はまだない
  • ランディングページを使った販売の重要性をまだ理解できていない
  • ネットショップを作ってみたいけど売り上げに期待していない
  • ネット販売をしてみたいけどランディングページは準備できない
  • ランディングページ一体型でのカード決済はできなくても問題ない

リピストを選ぶべきは「ランディングページの重要性」を理解できている人。残念ながら、インターネット上での継続的な商品販売に『ランディングページは必須』です。ちなみにジャパネット高田はテレビ内で「ランディングページ形式の販売手法」をいち早く取り入れた企業です。

もし時間があれば放送されている内容をすべて文字で起こしてみましょう。問題定義から入り、解決策の提示を促し、さらにお得なオファーで後押し、そして購入可能な期間を明示、最後に「今すぐお電話を」という的確なアクション誘導までをすべてワンセットで行なっています。

つまりテレビ通販は『ランディングページの映像版』です。しかし、インターネットはテレビとは違って映像に放送時間という概念がありません。そこで専用の縦長(ランディング)ページを使います。読み手の購入心理をしっかりと紐解くとランディングページは理にかなった販売手法と言えます。ランディングページを使わずに売る方法もありますが相当手間がかかります。読者さん(見込み顧客)の不明点を取り去り限定性を高める最適な販売方法はランディングページ一択です。

まとめ

ショッピングカートの選び方は少し難しいです。理由は目的で最適なカートが異なるからです。もし商品を登録して「お店をオープンした雰囲気を出したい」なら無料のBASEで十分でしょう。

ただ、クライアントに依頼されて本気で売り上げを求められているのであればショッピングカートの選び方を間違えるとかなり面倒なことになります。たとえどのカートを選んだとしても後から構築しなおす作業はかなり労力がかかってしまい心が折れるほど大変だからです。

未だ商品販売に「ランディングページは要らない」と考えているなら完全に情報不足。ショップサイトにアイテムを登録していくだけで商品が売れる未来を想像したい気持ちも理解はできます。ただし、僕たちが本来考えなくてはならないのは「自分の理想」ではなく『相手の現実』です。

まずお客様は疑問だらけでお店へ訪れるところから始まります。そして、自分が持っている悩みや課題をすべて解決できる明瞭なサービスを探しています。気になっていた点がクリアになり、予想していた範囲の金額以内で、明るい未来が見れるからこそ購入するのが消費者の気持ちです。

もしネットショップを成功させたいなら客観的な目線が必要です。仮に予算の関係でどうしてもカートを無料にしたいのであれば「ランディングページ」では申し込みまでを受け付けて、すべて対応した後に料金支払いを『無料カートで受け取る』という方法もあるはずです。料金を先に受け取るか、後で受け取りたいかなど販売する方針次第でそのあたりは変わります。今検討している内容を今一度しっかりと練り直して必要以上に焦らず十分考えたうえで計画を立てていきましょう。

▼リピストを検討中の方はぜひご一読ください
https://omusuvi.com/archives/73124

もっとも早く集客上手になる方法

現役マーケッターが伝える最新式のオウンドメディア構築&改良されたウェブサイト診断などブログでは話せない集客戦略を学んでいただけます。最新記事やお得なキャンペーン情報を手に入れたい方は要チェックです。まずは「最新情報をチェック」をクリックしてご確認くださいませ。